仕事・働き方

働くってどういうこと?仕事を始める前に考えてみよう!働く意味6つをご紹介

働く意味を知りたい

働くってどういうこと?

働くってなんだろう?働く意味って?

そんな疑問を働く前のあなたも働いているあなたも考えみませんか?

世の中に数多くある仕事の中で様々な人が働いていますが、
働いている人の中にある働く意味は人それぞれ違います。

様々な角度の働く意味があり、それに正解もありません。

それぞれが考える働く意味がそれぞれで大事です。

そして、働く意味を考えて仕事をするのは素敵なことです。

働く意味を考えることによってより仕事が楽しくなったり力が出たりするものです。
そして、それは誰にでも実はあります。

働くってなんだろう……そうを考える人向けに、
今回はその人それぞれ違う働く意味について一部ですが解説していきます。

引きこもりやフリーターも就職できる方法!ウズキャリ既卒の評判口コミをご紹介! ウズキャリ既卒ってどうなの? ウズキャリ既卒は勉強しやすい? 実際にどんなことが学べる?費用はかからないの? ...

働くってなに?

  1. お金を稼ぐこと
  2. 生活を豊かにすること
  3. やりがいを感じること
  4. 自信を持てること
  5. 成長できること
  6. 誰かの喜びがあること

1.お金を稼ぐこと

働くことは「お金を稼ぐこと」と言えます。

単純に働くということはお金を稼いでいくことです。
それは誰が考えてもわかることでもあります。

しかし、働いてお金を稼ぐ先にも実は働く意味がたくさんあります。

お金を稼いで没頭できる趣味の為、お金を稼いで家族を養う為など
働くことでお金を稼いでその先にもたくさん働く意味はあります。

働いてお金を稼ぐからこそ自分のしたいことが叶うのです。

そしてお金を稼ぐことで出来ることが増え仕事をもっと頑張れる力になることもあります。

ただ当たり前に「お金の為」と聞こえるかもしれませんが、
その先にはたくさんの夢や愛や楽しみが待っているのです。

2.生活を豊かにすること

働くことは「生活を豊かにすること」でもあります。

働くことでお金を稼いで食事や生活用品を買ったり、
家族を養ったりすることも確かに生活を豊かにすることですが、他にもたくさんあります。

働くことで会社での人とのつながりを持てるようになり仲間が増えて、
自分の生活が明るくなったり楽しくなったりすることもあります。

働くことでお金を稼いで友達と出かけることのできる時間ができたり、
楽しいことが増えて働くことで心に体力や元気が付くこともあります。

社会とのつながりを持つことでも自分の生活が豊かになるのです。

3.やりがいを感じること

働くことは「やりがいを感じること」でもあります。

やりがいとは仕事での充実感や手ごたえです。

自分が仕事をしていて役に立っているという感覚だったり、
お客様に感謝して貰えることや達成感、良い評価を貰うことなど
自分が仕事をしていて充実しているなあと感じられることです。

それは仕事でのモチベーションアップに繋がるし日々を活き活きとできる力にもあります。

仕事に充実感があることで目標をもって働けたり、ポジティブに将来を考えられます。

仕事は「お金の為」という人もいますがこのような「やりがい」と主張する人も多いです。

仕事をしていく中でお金ではない楽しみを感じられるとまた違った働き方ができます。

4.自信を持てること

仕事を頑張る人にとって仕事は「自信を持てること」とも言えます。

大変な中仕事をすることで出来ることを増やしたり、
誰かの力になれたり、頼られたり目標を達成できるとそれは自信に繋がります。

「私はできる」「もっと頑張れるな」そう思うことも出来ます。

自信が付くとまた新しく挑戦する勇気も湧きます。

そして、挑戦や成功を繰り返しているうちに自信をもって働けるようにもなります。

すると、日常でも自分に自信を持ちながら過ごせるようになるのです。
家庭でも友人関係でも趣味でも、自信が持てると見える世界は輝いていますよね。

5.成長できること

仕事は「成長できること」と言えます。

自分がやったことのない仕事をクリアできた時、苦手な作業が出来た時、
できなかった仕事や対応が上手くできるようになった時は成長できたと言えますよね。

また、社会で様々な人と関わっていく中で自然に成長していくことも出来ます。

それは人生に大きな影響を与えます。

仕事をすることで人としても、仕事面でも人は大きく成長できるのです。

また、職場で成長するのは自分だけではありません。
後輩や先輩、会社も成長するあなたをみて成長することがあります。

6.誰かの喜びがあること

働くことは「誰かの喜びがあること」です。

あなたが仕事でやった些細な作業も、少しの努力もちょっと掃除した場所も
整えた書類も雑務だって全部全部実は意味があります。

それをした先に助かる人がいるということです。

たまに「なんだこの単純作業は、雑務は……」と嫌なこともあるかもしれません。
しかし、その小さな作業でもその先に使う人も助かる人もいるのです。

事務作業で工事の為に作っている書類も、書類がちゃんと作られていることで
工事の現場の人が助かり、その先で修理を待っているお客様の力になることができる。

もしかしたら、少しのはやい事務作業でお客様が大きく救われることもあるかもしれない。

事務作業は基本的に会社でするのでお客様のいる現場なんてわからず、
会社の上の人から言われた通りのことをしているだけかもしれません。

でも、見えないところでも待っている人がいて助かる人がいて喜んでくれる時がある。

それはお客様以外でもあります。
あなたの作った書類で先輩が助かることもある。誰かが喜ぶんです。

実は仕事の一つ一つのその先に見えなくてもちゃんと働く意味があるのです。

まとめ

働くってなに?

  1. お金を稼ぐこと
  2. 生活を豊かにすること
  3. やりがいを感じること
  4. 自信を持てること
  5. 成長できること
  6. 誰かの喜びがあること

働くとは、ひとことで表せるほど簡単には答えられません。

なぜならみんな違ってみんなそれぞれ働く考えや意味がたくさんあるからです。

そして、そのそれぞれにある働く意味全部が大事なモチベーションにもなります。

それは、経験や年数、自分のライフスタイルによっても変化します。

もしかしたら、今働いている人もこれから働く人もまだ出会ったことのない、
働くことへの考え方や働く意味と出会えるかもしれません。

だからその時その時でしっかり「自分の働くって何?」と向き合って知ってみましょう。

仕事力を高める本をご紹介~職場の人間関係力や問題解決力が上達する本~仕事力を上げたい人へ 仕事をしていくと人間関係で悩むこともあれば、 仕事そのものが上手く行かない時もありますよね。 も...